歯医者(歯科医院)が新規開業で悲惨な失敗をしないために必要な準備・情報

歯医者(歯科医院)の数は、年々増えるばかりです。
サラリーマンと違って定年退職はありませんから、新しく大学を卒業して国家試験に合格した歯医者が年々増え続けます。
歯科医師の人数がどれくらい増えているのか詳しく知らない方は、こちらのページの最初を読んでおいてください。

その中でも、新規開業したいという志をお持ちの歯医者の方も多いはず。
新規開業資金として1億円は必要と言われる業界ですから、失敗は許されません。

失敗しないためには、歯科医師も経営者としてマーケティングを押さえていく必要があります。

今回は、新規開業するときの場所としてどこを選ぶべきなのか、事前に調べるための方法をお伝えします。

スポンサーリンク

商圏と人口を調べる

新規開業物件として考えているエリアをいくつかピックアップして、その場所を想定してリサーチしていきます。

基本は、商圏内の人口を調べるところから始まります。
無料で使える政府の統計データソフトを使えば簡単に人口分布データを調べることができます。

心配な方や、ソフトの使い方がよく分からない人はご質問いただければお答えします。

歯科医院から徒歩なら周辺500メートル、自転車なら2000メートルくらいまでが商圏です。
自動車で移動することが多い地域かつ駐車場があれば、自動車での来院も見込めます。

商圏内の人口を調べるためには、商圏を決める必要がありますので、どのくらいが商圏になりそうか地図を大きく印刷してペンで書いてみましょう。

駅近くの場合、少し遠くからでも頻繁に人が訪れるような繁華街のある駅なのか、近隣住民しか降りないような駅なのか、学校や会社はどのくらいあるのか、などによってどのくらいの来院が見込めるかは異なります。
駅の乗降客数のデータは、インターネットで「駅名+乗降客数」と調べればすぐ分かりますので、必ず調べておきましょう。

駅近くとは、だいたい徒歩10分圏内くらいです。
あまりに駅からの距離が遠いと、歩くのが面倒でなかなか来てもらえません。

商業施設内や商業施設付近の場合、商業施設に来た人からの来院も狙えます。
その商業施設にどのくらいの人が普段訪れているのか調べておきましょう。

自分で調べる自信がない方は、現地の商工会議所の人に詳しく聞くといいと思います。
無料で分析してくれるサービスを提供しているところがあります。

ただ、依頼するにしても自分でも調べることをお勧めします。

その他に、近年の人口推移も見ておきましょう。
人口の増えている地域はチャンスがあります。
逆に人口が減っている地域は注意が必要です。

商圏内の人の詳細データを調べる

男女別割合、年齢別人口構成、年収・所得、などのデータは先ほどの政府の統計データソフトで調べれば、分かります。
どのくらいの可処分所得があるのか、どんな価値観でどんな生活スタイルを営んでいるのか調べましょう。

データだけでは、価値観や生活スタイルまでは分かりません。
面倒でもあなたの1億円・人生が懸かっていると言っても過言ではありませんから、実際に足を運んで車ではなく、徒歩で近隣を歩きまわったり、お店に入って店内の人や店主との人の雰囲気を肌で感じ取ったりしてみましょう。

そうするとデータからだけでは分からなかった様々なことが分かってきます。

競合を調べる

開業を検討しているエリアにどのくらいの競合歯科医院がいるのか、どんな歯科医院があるのか、を詳しく調べておきましょう。
彼らより優れた実力とマーケティングができなければ、地域で生き残り続けることが難しくなります。
まず、「地域名+歯医者 または 地域名+歯科医院」で検索してみてください。

おそらくたくさんの歯科医院が出てくるかと思います。
マーケティングに力を入れている歯医者は、ホームページ対策もしっかり行っていますので、検索結果に出てくるホームページを1ページ目だけではなく、3ページ目くらいまですべて見ておきましょう。

他には口コミサイトも見ておけば、オフライン集客や口コミで上手くいっている隠れた実力歯科医院が分かってきます。

人口と歯科医院の数を、他の地域と比較検討して競争が激しい地域なのか、それとも手薄な地域なのかデータで押さえておきましょう。

ここまで出来れば、新規開業時点で他の歯医者に比べ、かなり成功確率を高めることができます。

さらに◯◯を調べる

人口の増えている地域はチャンスがあると書きました。
それと同時に、チャンスのある地域は、歯科医院以外の業種の方もしっかり狙いを定めて出店してきます。

全国チェーンで有名なお店が最近出店しているか、いつ出店したか、閉店したお店はあるかなどを調べます。
マクドナルド、ガスト、丸亀製麺、牛丼屋、コーヒーチェーン、コンビニなど。

自分の歯科医院の患者様になりそうな人が行くようなチェーンが最近出店していれば、将来性のある可能性が高いです。
全国有名チェーンは、大手企業ですからこの辺りの出店戦略は、しっかりリサーチされ、データに基いて出店してきます。

まとめ

実際の手順と同じになるように、以下の順番で説明してきました。
1.商圏と人口を調べる
2.商圏内の人の詳細データを調べる
3.競合を調べる
4.さらに全国チェーンの出店状況を調べる

こういったリサーチは非常に面倒なことかもしれません。
しかし、成功確率を高めるためには、必要な作業です。

今回説明した新規開業の際にリサーチすべきことについては、ご依頼いただければレポートを作成することもできます。
サイトトップの問い合わせフォームからご依頼ください。

歯医者マーケティングについても別記事で詳しく書いていますので、合わせて押さえておきましょう。

スポンサーリンク

多くの成功事例を作り出したホームページの秘訣

私はホームページで以下の実績を作ってきました。

・自社メディアで月間80万PVを突破
・BtoBのオウンドメディアで月間10万PVとメルマガ読者を100人以上獲得
・独立初年度の弁護士事務所が年商3,000万円を突破
・学習塾の生徒が10名から100名以上に増加
・不用品回収企業が月間売上200万円以上増加
・コンサル会社が超大手企業からの仕事依頼を獲得

これらの実績を作るために、実際にチェック項目として活用してきたチェックリストを無料プレゼントします。

ぜひあなたも手に入れてホームページを改善し、売上アップに役立てて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。