歯医者(歯科医院)コンサルタントが教える3つの売上アップ方法

歯科医院の数が増え、「ワーキングプアです」と言う歯医者の方まで出てきており、
歯科医院もマーケティングを押さえて対策していく必要のある時代になってきています。

しっかり治療してくださる歯科医院の方が、安心して医院を継続していくためにも今回説明する3つの売上アップ方法を押さえてください。

売上をアップするためには、この3つしかありません。
①客数*②客単価*③リピート数=売上

これら3つを1つずつ伸ばしていくことで簡単に売上が増えていきます。
「客数」「客単価」「リピート数」を歯科医院に合わせて、言葉を選ぶと以下のようになります。

1.患者数
2.患者様の治療単価
3.患者様の再来院数

1つずつ説明していきます。

スポンサーリンク

患者数

新規患者数を増やすためには、まず新規の方と接触できる媒体を持つ必要があります。

口コミや紹介もありますが、それだけに頼るのは危険ですから、自分で集患するためにコントロールできる媒体を持っておくことをお勧めします。

媒体を大きく分けるとオフライン集客とオンライン集客の媒体があります。

オフライン集客

オフライン集客には以下の方法があります。
・看板広告
・チラシ
・フリーペーパー
・新聞折り込み
・口コミ、紹介
など

歯科医院の場所によっても最適な(最も費用対効果の高い)広告手法は異なります。
無駄にお金をかけるのではなく、どこにお金をかけるのが費用対効果が高いのか試行錯誤しながら探し出し、その方法をさらに改善していくことが大切です。

オンライン集客

オンライン集客には以下の方法があります。
・ホームページ制作
・SEO
・リスティング広告
・Facebook
・Twitter
・Youtube
など

この中で一番大切なのはホームページです。
ホームページに他の媒体からアクセスを集めて、予約や問い合わせをもらう形になります。

アクセスの集まらないホームページは作っても誰も見ないし、新規患者の来院にも寄与しないので、「とりあえずホームページを作っておこう」という気持ちでホームページを作ることはお勧めできません。

さらに、そのホームページもただ作ればいいわけではなく、どんなホームページにすれば予約や来院につながるのかコツがあります。
詳細はこちらのページ(歯医者インターネットマーケティング)をご覧ください。

患者様の治療単価

安易に治療単価を上げるのは、患者の方々から不信感を募り、長期的に見て経営が苦しくなります。

私の経験談だと、わざと治療回数を増やしている(と思われる)歯科医院へ行ったことがありますが、何も言われなくても何となく1回1回の治療を早めに終わらせて次回へ持ち越そうとしているのが分かります。
しかも、治療も上手ではなく、そのあとすぐに行った別の歯科医院で治療のやり直しとなりました。

このような歯科医院は、すぐに悪い口コミが広がります。
そして、こういった歯科医院で、流行っているところは見たことがありません。

そのため、保険適用されない分野の新しい治療技術を習得したり、自分の歯科医院のコンセプト(治療方針)に沿った治療の中で治療単価の上がるメニューを考えたりしましょう。

例えば、最近であれば「痛くない虫歯治療」などは、患者ニーズがあります。

患者様の再来院数

患者数がそこまで多くなくてもリピートし続けてくれれば、歯科医院は患者の方でいっぱいになります。
再来院してもらうためにはいくつか施策があります。

再来院の必要がある治療に力を入れる

クリーニングや歯石除去などの予防歯科に力を入れることで、何かあったとき以外にも通院してもらえるようになります。こうやって日々通院してくれる患者の方は、何かあったときや他の治療の時にも来てくれるので、保険外診療などにもつながります。

再来院を促す仕組みを作る

だいたいどこの歯科医院でも、初診の方には、問診票を取り、氏名や住所を記入してもらい、診察カードを発行すると思います。
そこで個人情報がもらえるので、顧客管理ができるはずです。
顧客管理は行っていますか?

前回いつ来て、どのような治療をいつ受けたことがあるのか、紙のカルテではなく電子データでまとまっていますか?
これらのデータ管理をエクセルやインターネット上のサービスなどを活用して、整理します。

そうすると、誰が何ヶ月来院していないのかなどの詳細な情報が分かりますので、再来院を促す施策を取ることができます。

例えば、3ヶ月来院していない方に一斉にハガキやDMで、クリーニングや予防歯科の案内を送付したり、既存患者様全員にニュースレターを送付したりすることもできます。

来ていない患者の方と再度接触する機会を作っていくことが大切です。

来院頻度を上げる

一度来た人の再来院数を上げることはリピート率を上げるのと同じです。
その他に、リピート頻度を上げることでも一定期間で見た場合に患者数は増えていきます。

例えば、歯科医院で一律のコンセプトを作り、「1ヶ月に1度は、クリーニングが大切」などの案内を患者の方へして、来院サイクルが早くなる仕組みを作ることで、来院頻度を上げることができます。

まとめ

歯医者(歯科医院)を売上アップさせる方法は、次の3つです。

1.患者数
2.患者様の治療単価
3.患者様の再来院数

それぞれを引き上げることで、売上が増えていきます。
患者の方々のことも考えながら、それぞれの施策を考え、行動していきましょう。

集客するための具体的な方法は、こちらのページ(歯医者集客)も参考にしてください。

集患でお悩みの方は、上部にあるお問い合わせページから、ご相談ください。

スポンサーリンク

多くの成功事例を作り出したホームページの秘訣

私はホームページで以下の実績を作ってきました。

・自社メディアで月間80万PVを突破
・BtoBのオウンドメディアで月間10万PVとメルマガ読者を100人以上獲得
・独立初年度の弁護士事務所が年商3,000万円を突破
・学習塾の生徒が10名から100名以上に増加
・不用品回収企業が月間売上200万円以上増加
・コンサル会社が超大手企業からの仕事依頼を獲得

これらの実績を作るために、実際にチェック項目として活用してきたチェックリストを無料プレゼントします。

ぜひあなたも手に入れてホームページを改善し、売上アップに役立てて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。