地域で一番を目指すスクール&教室の集客・マーケティング方法

スクールや教室というと、例えば以下のものがあります。

・料理教室
・パソコン教室
・ピアノ教室
・スイミングスクール
・英会話スクール
・茶道
・バレエスクール
・音楽教室
・カルチャースクール
など

これらのスクールや教室は、同じ系統のもの(例えば、ピアノ教室なら付近の別のピアノ教室)だけが競合しているように思えますが、「習い事」というひとくくりの中で、他の系統のものとも競合していることが少なくありません。

子どもや大人どちらでも、時間もお金も制限があります。

だからその中で優先順位の高い習い事にしてもらうことが、長期的に通い続けてもらうためには必要です。

では、これからどのような方法で、集客力をアップし、地域で1番のスクール・教室を目指すのか説明していきます。

スポンサーリンク

経営戦略

集客やマーケティングも大切ですが、そもそもあなたが独立開業しようとしている場所で集客できるのか、お客様や生徒は十分な数がいるのか、考える必要があります。

「家で気軽に始められたらいい」という気持ちで始めると、集客で行き詰まってしまい、途中で止めることになりかねません。
また、集客できない理由は、マーケティングを知らないからという理由も考えられますが、良い経営戦略が出来ていないからマーケティングしても集められないという理由もあります。

経営戦略が良くないと、同じマーケティングを行っても、反応率に差がでて、広告費ばかりがかさむからです。

以下の項目を書き出してみましょう。
これを書くだけで、現実味を帯びてくるはずです。
・目標の月売上
・1人あたりのサービス料金
・目標売上に必要な生徒数
・生徒の年齢、性別、地域、年収、生活スタイル
・目標の生徒を集めるためのマーケティング手段
・競合の教室&スクールの名前、場所、料金、予想生徒数
・あなたが競合に勝っているポイント

例えば、交通の便が悪く人が少ない地域で、生徒になってくれそうな人が周りに少なければ、自ずと売上目標にも限界がありますし、集客の難易度が上がります。

あなたが腕に自信があり、集客もできるのであれば、人口の多い地域で店舗を借りて教室を行ったほうが経営が成り立ちます。

教室に通ってくれる範囲内にターゲットとなる人がどれだけいるのか計算してみてください。

スクール&教室集客・マーケティング方法

集客方法は大きく分けて2つあります。
オフライン集客とオンライン集客です。

どちらか一方だけに頼るのではなく、どちらからも集客できたほうが集客力が上がり、長期的に安定した経営を続けることができます。

チラシを撒いても、現在はそのまま問い合わせるのではなく、インターネットの情報も見てから考える人が増えています。だからそのときにインターネットのホームページでさらにPRできれば成約件数が伸びることになります。

オフライン集客とオンライン集客で具体的にどんな手法があるのか詳しく見ていきましょう。

オフライン集客

オフライン集客だけでもたくさんの方法があります。
・ポスティングチラシ
・新聞折り込みチラシ
・フリーペーパー
・雑誌
・口コミ、紹介
・地域の掲示板
・看板広告
・駅前や学校前での宣伝
・イベント
など

できることは意外とたくさんあります。
スクールや教室は個人で経営されている方も多いため、このあたりのマーケティングをやり切れている方がまだまだ少ない印象です。

そのため、ここまで挙げた方法を多く実践するだけでも効果を出せると思いますので、ぜひ試してみてください。
それぞれの方法について簡単に説明します。

ポスティングチラシ

例えば、以下のような内容を入れます。
・自分のお客様になりそうな人へ効果的なキャッチコピー
・スクールや教室で実際に行っているところの写真
・運営者の写真
・運営者の自己紹介
など

ポスティングチラシの良いところは、ピンポイントで配布できるところです。
住宅街によってファミリー層が多いのか、高齢者が多いのか異なります。
そのため、自分のターゲットになる人が多そうなところへ配布するようにしましょう。

新聞折り込みチラシ

折り込みチラシでも入れたほうがいい内容は同じです。
新聞折り込みチラシは大勢に配布するのには適していますが、ピンポイントで配布することはできません。

その地域で何曜日にチラシを入れると一番見てもらえそうか、何色のチラシなら目立つか、などいつもどんなチラシが配布されているのか日頃からチェックしましょう。

地域住民の方は、日頃からたくさんのチラシを配布されているので、同じようなチラシでは反応を取ることはできません。まずは読んでもらえるように、目立つことを考えましょう。

フリーペーパー

だんだん部数や会社が減っているフリーペーパーですが、フリーペーパーからの集客で成功している方もいます。
フリーペーパーで同業種の広告や、他のスクール&教室があればチェックしておきましょう。
さらにどんなところなら、その競合と勝負できるのか考えてみましょう。

雑誌

地域の雑誌があれば、雑誌の掲載を考えてもいいでしょう。
そのとき必ず見たら連絡したくなるような工夫をしましょう。
例えば「今なら7,800円がたったの1,000円」などのように見た人が驚いて問い合わせたくなるような形にしましょう。

せっかく広告費を払って掲載するわけですから、反応が取れなければ広告費は丸々無駄になってしまいます。
最初に割り引いても、そのあと継続的に来てくれれば回収することができますので、目先の利益にとらわれず、生徒を最大化することを考えましょう。

口コミ、紹介

口コミ、紹介だけに頼っている人もいますよね。
地域で話題のスクールや教室。

ただ、よほど実力のある方でなければ、自然発生する口コミや紹介だけで生徒を増やしていくことは難しいです。
しかも時代は変わりますから、口コミの流れがいつ途絶えるか分かりません。
そのときになっても集客できる仕組みを持っておくことが大切です。

口コミ、紹介も意図的に起こすことはできます。
それが紹介キャンペーンです。

よく「友達を呼んできてくれたら◯◯円引き」のような広告を見たことはありませんか?
この手法をスクールや教室でも利用することができます。

地域の掲示板

地域の人がたまに通りかかるところや、公的機関の掲示板などはありませんか?
意外とどこか無料で貼らせてもらえる場所があったりします。

そんなところがあれば、1人でも多くの人に知ってもらうチャンスなので、利用しましょう。
地域内でスクールや教室を始めると、なかなか気付けなくなってくるのですが、あなたがそこでスクールや教室を運営していることを知らない人はたくさんいます。

だから1人でも多くの人に知ってもらうことが大切です。

看板広告

スクールや教室が遠くからでも分かるような分かりやすい看板は、ありますか?
人通りのある駅近や大きな通り沿いであれば、看板があるだけで人が来てくれたりします。

大きな看板だけでなく、足元の腰くらいまでの高さがある小さな立て看板でも効果的です。
立て看板には、チラシを自由に取れるようにして、どんなスクール&教室なのか知ることができるようにしておきましょう。

駅前や学校前での宣伝

ターゲットとなる人が往来する取っておきの場所です。
ここで景品と一緒にチラシを配布すれば多くの人に知ってもらうことができます。

景品もすぐに捨てられるようなものではなく、スクールや教室名の入ったペンや何か役立つものだと、使っているときに毎回目に入るので、思い出してもらえます。

その中から気になった人は、インターネットで調べてあなたのスクールや教室のことを調べるでしょう。

イベント

チラシや何かでイベントの案内をして集客しましょう。
何か地域の人が楽しめるイベントです。

例えば、学習塾であれば、子ども達が楽しめる理科実験教室などを開き、子ども達と親に来てもらって、塾の存在を知ってもらうことができます。

同じような方法が自分のスクールや教室でないか考えてみましょう。
イベントはあくまで見込み客との接点を持つ場です。
そのため、イベント自体が収益を上げることは無視して(赤字にならない方法で)、スクールや教室に来てもらうきっかけとしましょう。

オフライン集客については以上です。

オンライン集客

オンライン集客にも様々な方法があります。
・ホームページ
・Facebook
・Twitter
・Youtube
など

ただ、様々な方法はありますが、効果的なホームページを軸にオンライン集客を手がけていくことが非常に重要です。

ホームページへ来てもらうためのアクセスアップの方法として、
SEO、リスティング広告、Facebook、Twitter、Youtubeなどがあると認識しておいてください。

もちろんFacebookやTwitterだけでも集客に結びつくこともありますが、
スクールや教室の説明を丁寧にすることは難しいですよね?

ホームページなら、説明や魅力をしっかり伝えることができます。
あなた自身のことやこだわり、スクールのことを説明したホームページにしてください。

FacebookやTwitterをプライベートの延長で使っている方は注意しましょう。
思ったことや日常をそのまま投稿することで、逆に人を遠ざけてしまっている方がいます。

それぞれのオンライン集客方法としてどのように行えばよいのかについては、メールマガジンなどでもお伝えしています。

売上アップ&リピーターを増やす方法

教室に通っている人の中には、一定数で「自分も教えられるようになりたい」と思っている人がいます。
そのような人のために、認定資格が取れる講座を作り、行う方法があります。

また、生徒へ目標を持ってステップアップしてもらうために、階級制度を作り、認定証を与えていくという方法もあります。

ビジネスマインドがないと、このあたりまで手を付けられないかもしれませんが、ここまで行えば、売上を伸ばすことができます。

まとめ

集客・マーケティングには、非常にたくさんの手段があります。
おそらくすべて行うことは時間的にも金銭的にも難しいと思いますので、あなたのスクール・教室で効果的な方法はどれなのか考えて、その方法を実行していきましょう。

実行しなければ、集客することはできません。
あなたの魅力をもっと多くの人に伝えて、スクール・教室に来てもらえるようにしていきましょう。

スポンサーリンク

多くの成功事例を作り出したホームページの秘訣

私はホームページで以下の実績を作ってきました。

・自社メディアで月間80万PVを突破
・BtoBのオウンドメディアで月間10万PVとメルマガ読者を100人以上獲得
・独立初年度の弁護士事務所が年商3,000万円を突破
・学習塾の生徒が10名から100名以上に増加
・不用品回収企業が月間売上200万円以上増加
・コンサル会社が超大手企業からの仕事依頼を獲得

これらの実績を作るために、実際にチェック項目として活用してきたチェックリストを無料プレゼントします。

ぜひあなたも手に入れてホームページを改善し、売上アップに役立てて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。