さくらのレンタルサーバで簡単にwordpressを独自ドメイン直下にインストールする方法

さくらインターネットのレンタルサーバーは、他の方にもよく紹介されており、目にすることが比較的多いレンタルサーバーの1つかと思います。
よく使われることのあるレンタルサーバーの中の1つだったので、使いやすいとばかり思っていたのですが、wordpressを独自ドメイン直下にインストールできず、かなり試行錯誤しました。

同じような方がたくさんいらっしゃると思いましたので、簡単にwordpressを独自ドメイン直下にインストールできる方法をお伝えします。
この方法は、さくらインターネットのサポートの方に詳しく聞いて教えてもらった方法です。

他の方法を教えているサイトも色々あったのですが、
私はこの方法が簡単でした。

手順通りに説明しますので、説明を見ながら設定をしてもらえればと思います。
※コントロールパネルからwordpressをインストール予定の独自ドメイン設定は済ませておいてください。

スポンサーリンク

1. サーバコントロールパネルにログインする

下記URLのサーバコントロールパネルにログインしましょう。
https://secure.sakura.ad.jp/rscontrol/
さくらインターネットサーバコントロールパネル
※ログイン時に入力するドメイン名は、独自ドメインではなく、初期ドメインです。

2.データベースの作成

その独自ドメイン専用にデータベースを作成しましょう。
コントロールパネルの中の左メニューにある「データベースの設定」に進みます。
さくらインターネットサーバデータベースの設定

そのあと、「データベースの新規作成」を行います。
さくらインターネットデータベースの新規作成

新規作成画面で「データベース名」を入力する場所があります。
データベース名は何でもいいですが、今後複数のサイトを運営するときは独自ドメインごとにデータベースを作成する必要があります。
そのため、データベース名と独自ドメイン名を一緒にしておくと見分けがつきやすく便利です。
データベース名は独自ドメインの名前にしておきましょう。
さくらインターネットデータベースの新規作成設定

3.「運用に便利なツール」の「クイックインストール」をクリックする

コントロールパネルに戻り、左メニューの下の方にある「運用に便利なツール」の「クイックインストール」をクリックします。
さくらインターネットクイックインストール

4.「ブログ」をクリックし『WordPress』をクリックする

「クイックインストール」をクリックすると、以下の画面になります。
そこで、「ブログ」をクリックします。
さくらインターネットブログ

そのあと、「wordpress」を選択します。
さくらインターネットwordpress

5.Wordpressをインストールする

「インストール先」のURLは、独自ドメインではなく、サーバの初期ドメイン[◯◯◯◯.sakura.ne.jp]を選択し、フォルダ名等の必要事項を入力後「インストール」をクリックしてください。
※フォルダ名も独自ドメインと同じ名前が分かりやすいかと思います。
さくらインターネットwordpressインストール

※データベースパスワードの入力をお忘れなく。
※インストール後は、「>> アプリケーションの設定へ進む <<」のクリックはせずに、次へ進んでください。

6.「ドメイン設定」をクリックし、フォルダ名を変更する

コントロールパネルの「ホーム」に戻り、左メニュー下の「ドメイン設定」に移動します。
さくらインターネットドメイン設定

そしてwordpressをインストールしたい独自ドメインの「変更」をクリックします。
さくらインターネット独自ドメイン設定変更

そのあとの画面では、次の「マルチドメインの対象のフォルダをご指定ください」のみ設定を変更します。
指定フォルダに「5.」で入力したフォルダ名を入力し「送信」をクリックしてください。
さくらインターネット独自ドメインフォルダ名変更

7. 運用したい独自ドメインにアクセスし、WordPressのセットアップを行う

独自ドメインにアクセスすると、Wordpressのセットアップ画面が表示されます。
セットアップ画面が表示されていたら、正常にドメイン直下にwordpressがインストールされた証拠です。

あとは、wordpressのセットアップを行い、wordpressを使いこなしていきましょう。

終わりに

さくらインターネットのレンタルサーバー以外にも格安で優秀なレンタルサーバーはたくさんあります。
私がお勧めするドメインサービスとレンタルサーバーサービスはこちらのページで紹介しています。
実際に自分で使ってみて、初心者の方でも使いやすいものをピックアップしていますので、参考にしてみてください。
紹介しているレンタルサーバーでは、今回説明したような面倒な設定をしなくてもすぐに簡単にwordpressをドメインのすぐ下に自動インストールする機能がついています。

設定だけでも手間や時間を取られますし、何かあったときに自分で設定や管理ができないと大変なので、使いやすいものを選んでいきましょう。

スポンサーリンク

多くの成功事例を作り出したホームページの秘訣

私はホームページで以下の実績を作ってきました。

・自社メディアで月間80万PVを突破
・BtoBのオウンドメディアで月間10万PVとメルマガ読者を100人以上獲得
・独立初年度の弁護士事務所が年商3,000万円を突破
・学習塾の生徒が10名から100名以上に増加
・不用品回収企業が月間売上200万円以上増加
・コンサル会社が超大手企業からの仕事依頼を獲得

これらの実績を作るために、実際にチェック項目として活用してきたチェックリストを無料プレゼントします。

ぜひあなたも手に入れてホームページを改善し、売上アップに役立てて下さい。

2 件のコメント

  • こちらの方法でうまくインストールできました。
    ありがとうございました。

  • 簡単にできました。有難うございます。
    質問なんですが、さくらの初期ドメインでの管理画面URLを開くと、ワードプレスのログイン画面になりますが、このURLはこのまま放置になるのでしょうか?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。