インバウンドマーケティングの意味とは?具体的な手法と費用対効果

インバウンドマーケティングという手法が流行っています。

ただ、何となく表面的なことだけを知って取り組んでいる会社が多いです。
これでは結果が出ずに、痛い目を見ます。

インバウンドマーケティングには長期的に取り組む覚悟が必要です。
それが出来ない場合や優先度の高くない企業は、すぐに導入する必要はないかもしれませんね。

スポンサーリンク

インバウンドマーケティングの意味

インバウンドマーケティングとは、見込み客に見つけてもらい、見込み客から関心をもってもらうマーケティングです。インバウンドマーケティングには、見込み客に興味を持ってもらうためのコンテンツ・マーケティングが必要になります。

逆に、企業から広告を打って、見込み客にアプローチするマーケティングを、アウトバウンドマーケティングと呼びます。

今の時代は、情報がありふれ、消費者は自分で情報を集めて、判断して購入するようになりました。
そのため、アウトバウンドマーケティングで広告を打ってアプローチしても簡単に信じてもらえず、費用対効果が合わなくなってきています。そのため、インバウンドマーケティングに取り組み企業が多くなりました。

見込み客を育てるという気持ち

見込み客の中には、購買意欲の強い「今すぐ客」がいます。しかし、今すぐ客だけを狙うと、競争が激しく広告費も高騰するため、その前段階から見込み客にアプローチするマーケティングを取る企業が増えてきました。
その手法としてインバウンドマーケティングが用いられています。

インバウンドマーケティングでは、見込み客を育てていく長期的な目線が必要です。

一貫性のある戦略

見込み客を育てて、商品・サービスが必要になったときに問い合わせてもらう、
商品・サービスが欲しくなるように仕向けて、購入を促す、
こういった最終的なゴールである「購入」までの戦略設計と手段の用意が必要です。

具体的な手法

オフラインでは、ニュースレターが同様のものです。
オンラインでは、ニュースレターよりも、もっと簡単に商品・サービスを知ってもらうことができます。

例えば、インバウンドマーケティングで接点をもった後に、メールアドレスを取得し、情報を流しながら購入意欲を促進するなど、の手段をしっかりと用意しておくメールマガジンが利用できます。

Facebookページでタイムラインに情報を届ける方法もあります。

費用対効果

最初は費用がかかるでしょう。
なぜなら、すぐに購入する人だけにアプローチしているわけではないからです。
しかし、上記の具体的な手法を実践すれば、効果が次第に大きくなっていきます。

長期的に見れば、広告費を大きく下げることができます。
これまで説明してきた戦略を一から理解し、コツコツと実践できる企業が、インバウンドマーケティングで成功できる企業でしょう。

まとめ

取り組み企業が増えてくると、コンテンツのクオリティや切り口の独自性、戦略の上手さが勝敗を分けていくことになります。
すでに色んな企業がインターネットでインバウンドマーケティングに取り組んでいるので、同じ業界にそういった企業がないか、しっかりリサーチした上で、戦略とコンテンツ作りに取り組んでいきましょう。

スポンサーリンク

多くの成功事例を作り出したホームページの秘訣

私はホームページで以下の実績を作ってきました。

・自社メディアで月間80万PVを突破
・BtoBのオウンドメディアで月間10万PVとメルマガ読者を100人以上獲得
・独立初年度の弁護士事務所が年商3,000万円を突破
・学習塾の生徒が10名から100名以上に増加
・不用品回収企業が月間売上200万円以上増加
・コンサル会社が超大手企業からの仕事依頼を獲得

これらの実績を作るために、実際にチェック項目として活用してきたチェックリストを無料プレゼントします。

ぜひあなたも手に入れてホームページを改善し、売上アップに役立てて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。