集客成功事例:T弁護士事務所様

T弁護士事務所様の事例です。
事務所でイソ弁として働いている頃から個人案件の集客を手伝っていました。
現在は独立され、順調に事務所を経営されています。

こちらのアンケートは、イソ弁の頃に書いていただきました。

弁護士バッジ
施策内容:戦略構築 + サイト制作 + SEO

ご依頼いただく前はどんなことで悩んでいましたか?

地縁がなく、経験年数としてもまだ浅い弁護士において、受任を獲得する方法としては、基本的には弁護士会や自治体での法律相談しかありません。
もっとも、法律相談といっても、一人の弁護士にそれほど多くの機会・回数があるわけではありません。
従って、ネットを利用しない限り、受任の機会としては一定の限界を感じていました。

サービスを知ってから申し込むまでに躊躇したこと・不安に思ったことは何でしょうか?

士業(特に、弁護士業)という業務の性質上どの程度の広告をなすべきなのか、費用対効果がどの程度なのか、メリット&デメリットはどのようなものか、検索上位にあがってくるのか否か、無料相談の数から実際の受任に結びつく数(そのために費やす時間・労力)はどれほどか等

他にも似たようなサービス提供者がいる中で選んで頂いた理由は何ですか?

大学同期だからです。最初はインターネットから相談者を集めることができるのか疑問でしたが、それまでの受任機会に限界を感じていたので、試してみようと思いました。

実際に利用してみてどうだったか教えてください

①法律相談の電話が増えた。
②受任事件が増えた。
③収入が増えた。

実際にご利用頂いてからの効果を具体的な数字を交えて教えてください

SEOでも上位表示され、相談が月に10件以上、月々の売上50万円以上の受任が取れるようになりました。

最後に一言、現在悩まれている方へメッセージをお願いします

①多くの人の目に触れること、②触れた人が欲しい情報を提供していること、この2点が重要で、いずれの点においても専門家に任せるのが合理的な方法だと思います。
専門家に任せる以上、それに対する費用(投資)が必要となり、業務の拡充を図るには投資が必要不可欠です。
要するに、現状維持のままで行くか、投資をして業務拡充を企図するかの2択。
もし,業務拡充を図るなら、その専門性(専門家)に投資する価値はあると思います。

⇒最初はイソ弁をされていましたが、今は事務員を1人雇用して開業されています。現在も集客支援を行っており、初月で売上230万円を達成しました。

無料メール講座のご案内

地域密着でビジネスを行う人が、地域でNo.1になるための秘訣を無料でお伝えします。

無料7日間講座ボタン2