DM表現方法〜3種類のお客様を反応させる文章〜

DMで反応率を高めるには、様々な方法があります。
今日は、その中でも3種類のお客様すべてを反応させる方法について説明します。

人には、3種類の人間がいて、それぞれ反応する言葉が違います。

それは、その人の”感覚”に依存していて、
時と場合で変わるというより、個性に近いものです。

では、どんな種類の人がいて、その人達には、どんな表現が適しているのでしょうか。

人間は五感を備えていますが、主に次の3種類の人間がいます。
1.視覚で反応するタイプ
2.聴覚で反応するタイプ
3.身体で反応するタイプ

どんな表現方法がいいのか1つずつ説明します。

スポンサーリンク

1.視覚で反応するタイプ

「暗い」「明るい」「〜のように見える」
のように、目で見て分かるものを表現として使うと効果的です。

例文:「明るい朝日が差している」
例文:「強風で窓が揺れている」

2.聴覚で反応するタイプ

「言う」「鳴いている」「〜のように聞こえる」

例文:「ミンミン蝉が鳴いている」
例文:「ゴーッという音とともに電車が去っていった」

3.身体で反応するタイプ

「痛い」「重い」「〜のように感じる」

例文:「じりじりと肌が焼けそうな日差し」
例文:「汗が背中をつたうのが分かった」

表現の使い方

どれか1つずつを使い分ける必要はありません。
1つの文章に複数のものを一緒に盛り込んでも大丈夫です。

何かの商品やサービスを説明するときに、所々で使うというよりは、
どこかでまとめて使ったほうが文章にまとまり感が出て、良さそうですね。

まとめ

世の中には、3つのタイプの人間がいます。
自分ならこういった表現がいいなと思う表現方法だけでなく、
上記の3タイプすべてに反応してもらえる文章を盛り込みましょう。

スポンサーリンク

多くの成功事例を作り出したホームページの秘訣

私はホームページで以下の実績を作ってきました。

・自社メディアで月間80万PVを突破
・BtoBのオウンドメディアで月間10万PVとメルマガ読者を100人以上獲得
・独立初年度の弁護士事務所が年商3,000万円を突破
・学習塾の生徒が10名から100名以上に増加
・不用品回収企業が月間売上200万円以上増加
・コンサル会社が超大手企業からの仕事依頼を獲得

これらの実績を作るために、実際にチェック項目として活用してきたチェックリストを無料プレゼントします。

ぜひあなたも手に入れてホームページを改善し、売上アップに役立てて下さい。